2011年01月10日

おすすめの本、小説『ワイルド・ソウル』垣根 涼介 (著)

その地に着いた時から、地獄が始まった―。

1961年、日本政府の募集でブラジルに渡った衛藤。

だが入植地は密林で、移民らは病で次々と命を落とした。

絶望と貧困の長い放浪生活の末、身を立てた衛藤はかつての入植地に戻る。

そこには仲間の幼い息子、ケイが一人残されていた。


そして現代の東京。

ケイと仲間たちは政府の裏切りへの復讐計画を実行に移す!


歴史の闇を暴く傑作小説。

練り上げられた復習計画の顛末はスリルと躍動感があふれている。

一級品のクライムノベルとして、あなたの心を虜にすること、間違いない。

今はなき、サントリーミステリー大賞で、大賞と読者賞をダブル受賞した作品だ。

さらに、本作品は「大藪春彦賞」「吉川英治文学新人賞」「日本推理作家協会賞」の三冠制覇という偉業も成し遂げている。

主人公たちの「爽快な人生」に憧れを感じるが、それも自分の暮らしを振り返ると、もっとがんばないとな、と思ってしまう、そんな素敵な小説です。


【アマゾン】『ワイルド・ソウル』垣根 涼介 (著)
  ↓
ワイルド・ソウル〈上〉 (新潮文庫)





【楽天】『ワイルド・ソウル』垣根 涼介 (著)
  ↓
【送料無料】ワイルド・ソウル(上巻)

【送料無料】ワイルド・ソウル(上巻)

【送料無料】ワイルド・ソウル(上巻)

価格:740円(税込、送料別)




タグ:垣根 涼介
posted by ホーライ at 10:25| Comment(2) | TrackBack(1) | より楽しく生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。