2006年07月16日

医薬品開発者にお奨めの100冊

治験関係の本からビジネス書、コミックまで。
(バイアスが入るといけないので、ランダマイゼーションしています。)


■(1)ストロング・メディスン


医薬品業界で働くなら、一度は読んでおくことをお奨めします。
製薬会社の女性MRの立身出世の話、だけじゃない。開発の裏話的なエピソードも面白い。
また、後半は身につまされるストーリーとなる。

■(2)患者のための「薬と治験」入門


全く製薬業界とは無関係の人が新GCP施行前後に自らが体験した「治験入門」。
こういう視点を僕たちは失ってはいけないのだろう。
僕は時々、読み返します。

■(3)CRC(治験コーディネーター)という仕事


日本で産声を上げたばかりのCRCという仕事に就いた著者の肉声がいい。

日本の治験の貴重な歴史書になることだろう。



治験総括報告書のあり方


ICHの「治験総括報告書の作成ガイドライン」に準じて総括報告書を作成するにはどうしたらいいか、みんな困っていた時期があった。

そんな時に、これは唯一の救い手、という本だった。(今もそうだが。)

あなたが担当している治験は最終的に、このような総括報告書にまとめられる。

そのことを知っているか、知らないかでは、モニタリングやCRFのSDVにも天地の差があることだろう。

もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法

すっげーおもしろいぞ!!!
僕の思考にピタッときた。

この手の本は、誰にも紹介せずに、自分だけ読んで、仕事の成果を出すのが正解です、はい。



セレブ100の言葉



沈黙の艦隊 (16)


独立宣言をした原子力潜水艦と世界の物語。

人間と国家。戦争とは? という社会問題が一本の軸に繰り広げられる。

主人公の海江田四郎に僕は憧れている。

海江田四郎の少年時代の物語「瑠璃の波風―沈黙の艦隊~海江田四郎青春譜 (1)」も絶品だ!


「火の鳥」全巻特別セット(ケース入り)


生命とは?宇宙とは?生きているとは? そんな大テーマを追い続ける巨匠手塚治虫の物語。

下手な哲学書や人生訓の本よりも深く考えさせられる。




ヒカルの碁 (23)


一人の少年とライバルたちが囲碁を通して成長していく物語。

人間が成長するさまって、どうして見ているだけで、こちらまで感動してしまうのだろう。



自分の感受性くらい


薬剤師(共立薬科大出身)でもある茨木のり子さんの詩集。

僕は自分が「だれてきた」と思うと、必ず、この詩集を読む。



頭を一発、ガツンとやられた気分になる。気高い詩集だ。


ホーキング、宇宙のすべてを語る


難病のALSのため車椅子での生活を余儀なくされ、また、声も出ないためPCの合成音に頼るイギリスの天才宇宙物理学者(かつユーモアの第一人者)ホーキング博士の本。

最新の宇宙物理学を数学を使わずにイメージさせてくれる。

現代の物理学ってすごいんだ!とあらためて驚嘆した。



posted by ホーライ at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。