2006年07月29日

出会っていない本たち

久々に元気が出る本と出会えた。

それは「インターネット的」と「ほぼ日刊イトイ新聞の本」だ。

糸井重里さんが自ら立ち上げ、運営している「ほぼ日刊イトイ新聞」の立ち上げからそのごく初期の間のできごとや彼が考えたことが本になっている。

ネタばれなるといけないで、ここでは書かないが「ほぼ日刊イトイ新聞の本」の最後の1行がとってもいい。

僕自身が自分でサイトを運営していて、悩んだり、困ったり、呆れたりしたことが、あの最後の1行に凝縮しているようで、その言葉に僕は元気づけられた。


まだまだ、出会っていない本たちが僕を待っている。



ラベル: 読書
【関連する記事】
posted by ホーライ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | より楽しく生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。