2006年08月09日

出合ったことに感謝する本だよ『四日間の奇蹟』

「このミステリーが凄い!」(このミス)は、以前から年末年始の時間潰しの読書には欠かせない「材料」として活用していた。

おかげでこれまでにも多くの秀作に出会え、「時間潰し」などと言えない至福の時を過ごさせてもらった。


その「このミス」の第一回大賞を初めて読んだ。


驚いた! そしてハカラズモ泣いた(ぜよ)。


淡々として中盤までも、グイグイと物語にのめり込ませる、その筆力も凄いし、中盤からラストまでの叩き込むようなストーリー展開は、他にちょっと知らないくらいだ。


クラシック音楽が好きな人なら、さらに3倍は楽しめる仕上がりにもなっている。

多分、クラシック音楽を普段、聴かない人でも、この物語を読むと、ピアノ曲集のCDを買いたくなるだろうね。

行間から音楽が流れてくるようだ。


そして、読者は4日間の奇跡を通して、自問するはずだ(あるいは気づくはずだ)。


あなたが今、生きていることの意味とその素晴らしさを。



四日間の奇蹟

四日間の奇蹟



四日間の奇蹟





【関連する記事】
posted by ホーライ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | より良く生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。