2005年03月21日

リーダーが困ったときに読む本―オフィストラブル100の解決策

本書の「はじめに」に、こう書いてある。

『本当に困った状況というのは、その問題が今まで経験したこともなく、まにゅあるにも載っていない場合だ。』

例えば、部下にリストラを言い渡さないといけない場合、上司から仕事の失敗の責任をなすりつけられそうな場合・・・・・・などなど。

大きく分けて次のようになっている。

1)部下に関して困ったとき

2)上司に関して困ったとき

3)同僚に関して困ったとき

4)顧客と業者に関して困ったとき

5)自分自身に関して困ったとき

それぞれが2,3ページ位なのだが、本当に多くの例(100例)に対して、簡単そうだが、自分だけでは思いつかない答えも多い。
(本当に困っているときというのは、いいアイディアも浮かばないものだ。)


『本当に困ったことが有る』

本書の「はじめに」に、こう書いてある。

『本当に困った状況というのは、その問題が今まで経験したこともなく、マニュアルにも載っていない場合だ。』

例えば、部下にリストラを言い渡さないといけない場合、上司から仕事の失敗の責任をなすりつけられそうな場合・・・・・・などなど。

大きく分けて次のようになっている。

1)部下に関して困ったとき

2)上司に関して困ったとき

3)同僚に関して困ったとき

4)顧客と業者に関して困ったとき

5)自分自身に関して困ったとき

それぞれが2,3ページ位なのだが、本当に多くの例(100例)に対して、簡単そうだが、自分だけでは思いつかない答えも多い。
(本当に困っているときというのは、いいアイディアも浮かばないものだ。)


リーダーが困ったときに読む本―オフィストラブル100の解決策

ベテランリーダーにも、初心者リーダーにもお薦めします。


この本に何度、助けられたことか。。。。(トホホホ・・・)

 


posted by ホーライ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。