2005年04月29日

世にも美しい数学入門

世にも美しい数学入門

世にも美しい数学入門
藤原 正彦 (著), 小川 洋子 (著)



この本をもっと早く読んでいたら、僕の人生が変わったなどという大袈裟なことは言わないが、それでも、数学(広くとって科学)に対する考え方が変わり、イチオー科学者の末席を汚している僕も、少し違った道を歩いていたかもしれない。
 
小川洋子さんという感性の鋭い小説家と藤原 正彦さんという芸術文化に対する造詣が深い数学者という絶妙な組み合わせならではの対話集が本書だ。
小川洋子さんの「博士の愛した数式」を先に読んでから、本書を読むことを強くお奨めする。

いずれにしても、「美しい数学はそれだけで正しい」という美的感性が数学者には最も必要であり、そして、それがこの世界(宇宙全体ね)を形作っているのか、と、感銘を受ける。

床屋で順番を待っている間に読んだけれど、それだけ、読みやすく、かといって内容が浅くない、という類稀なる良書だ。

(数学アレルギーの方には、特にお奨め!)



posted by ホーライ at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。