2014年04月28日

お勧めの小説■ハードボイルドな『愛こそすべて、と愚か者は言った 』沢木冬吾著

始まりは深夜の電話だった―。

七年前に別れた久瀬の息子の慶太が誘拐された。

犯人から身代金の運搬係に指定されたのは探偵の久瀬だった。

現場に向かった久瀬は犯人側のトラブルに乗じて慶太を助けることに成功するが、事件の解決を待たずに別れた妻・恭子が失踪してしまう。

久瀬は恭子の行方と事件の真相を追いながら、再会を果たした慶太との共同生活を始めるが…。



「愛こそすべてと愚か者は言った」なんて、なんちゅう題名と思いながら購入したもののかなりのツワモノでした。

人物描写も伏線の張り方も、すばらしいっ!!の感嘆です。

主人公の久瀬雅彦と息子 慶太との関係、三神と朋園との親子関係が、事件とは別のラインで描かれていて、親子関係を修復できた方が最後は勝つんですねぇ。

ハードボイルドな久瀬こそ、僕が目指す姿だ。








posted by ホーライ at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | SF・ミステリィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。