2014年05月10日

僕にも言わせてくれ『長いお別れ』レイモンド・チャンドラー著

好きなハードボイルド小説は?と聞かれたら、おそらく8割近くの人がこの作品かダシール・ハメットの『マルタの鷹』を挙げるだろう。

この小説はハードボイルド界ではそれ程の金字塔である。

もし本格派ミステリが好きな人がこの小説を読んだら拍子抜けしてしまうかもしれない。

特にすごいトリックがあるわけでもないし、背景に過去の怨念から来る謎があるわけでもない。


どのレビューでも書かれているがこの小説の魅力はやはり単純に文章の素晴らしさにある。

人物、情景の描写とマーロウのワイズ・クラック、これにつきる。

特に最初にテリー・レノックスという人間をロールスロイス・シルヴァーレイス一つで端的にあらわすシーンと、マーロウとレノックスがギムレットを飲みあうバーの描写は秀逸。

生涯忘れられない情景になります。

ワイズ・クラックについては他のレビューで多く取り上げられているのでそちらを参考にしてください。

いつか使いたいセリフのオンパレードです。

この小説は清水俊二さんという人が訳されています。

この方は確か戸田奈津子さんの師匠で翻訳家の大家みたいな人です。

訳は大変素晴らしく、日本人にとってはこの人なくしてマーロウなしと言ってもいいくらいですが、大変失礼なんですけど実は原著と比べると仮定法などでわかりにくい部分(当然僕にもわかりませんけど)を少々飛ばしてたりもするので出来ればこの小説を読み終わったら原著にもがんばって挑戦してほしいです。

ビートルズの歌詞あたりで鍛えれば、なんとか読めるようになりますので是非がんばってほしいです。

それ程文章が素晴らしい作品なんです。


村上春樹の訳本もある。

どちらも甲乙つけがたい。














posted by ホーライ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | SF・ミステリィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。