2014年06月18日

脅威のお勧めの小説『ハサミ男』

●お勧めの小説『ハサミ男』

美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。

3番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。

自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。

「ハサミ男」は調査をはじめる。

精緻にして大胆な長編ミステリの傑作!

【2005年公開映画「ハサミ男」原作】(講談社文庫)


同じどんでん返し系で比較されることの多い「殺戮にいたる病」に小説としての物足りなさを感じた人向けか?

随所に遊び心を織り交ぜてニヤリともさせてくれる、非常に濃い内容を持った(と言っても読み難くはないし、重くもない)優れたミステリーだと思います。

ラスト数行で唖然としてしまうという意味でのどんでん返し度は「殺戮〜」や「イニシエーション・ラブ」が上ですが、なかなかこちらもビックリですね!

作者のミス・リードに見事に嵌まったままでした。(その辺は「葉桜の季節に君を想うということ」に近いかもです)

たいへん面白かったです!!



犯罪者の脳波が普通の人に比べて違っていることはかなり前から知られていることのようです。

ですが、もちろんそれだけで、犯罪者と正常者に明確な境界線を引くことはできません。

この本の主人公は一種の快楽殺人者なのですが、本文に『君は自分自身に「なぜ」とは問わない。問うのは「どうやって」かだけだ。』というものがあります。

全体を通して、2重人格気味の主人公の心理がよく描けていると思います。

主人公は女子高生を殺したあと、喉にはさみを突き立てるという連続殺人犯です。

しかし、3人目に狙っていた女子高生が、別の誰かに同じ手口で殺されてしまいます。

ここから、主人公の犯人探しへの推理が始まりますが…、最後におおきなどんでん返しが待っています。


犯行自体は重苦しいですがあちこちにユーモアの散りばめられた推理ショーがそれを打ち消してくれます。

読んで損はないと思いますよ。









【関連する記事】
posted by ホーライ at 20:53| Comment(1) | TrackBack(0) | SF・ミステリィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【相互リンク・相互RSSのお願い】


おすすめの本のランキング管理人 様

突然のコメントを失礼いたします。
「喪女のための本のある生活スタイル」というサイトを運営しているoomuraminaと申します。
この度、管理人様のサイト「おすすめの本のランキング」を拝見させて頂き
ぜひ相互リンク・相互RSSをお願いしたくご連絡させていただきました。

誠に勝手ながら、先に以下サイトのサイドバーにリンクを貼らせていただきました。
http://booklifestyle.com/

お手数ですが、ご確認の程よろしくお願い申し上げます。
よろしければ、当サイトと相互リンクを結んで頂けないでしょうか?
ご検討の程、よろしくお願いいたします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
oomuramina
book@booklifestyle.sakura.ne.jp

喪女のための本のある生活スタイル
http://booklifestyle.com/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Posted by oomuramina at 2014年06月19日 15:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399764012

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。