2014年07月03日

お勧めの本★『社会の抜け道』

私たちの日常の中にある「抜け道」を探して

“怒る"哲学者・國分功一郎と“煽る"社会学者・古市憲寿が、ショッピングモール、自給自足のコミューン、保育園など「社会の現場」に行って、考えて、とことん語り合う!

1年以上に及ぶ、ふたりの思考の軌跡。

◎IKEAやコストコなどショッピングモールになぜ人は引きつけられるのか

◎自分の心の悩みや不満を醸成する装置としてのネトウヨ的デモ

◎選挙に行っても選択肢がないと感じるのはなぜか

◎自給自足生活のコミューンに「リアル」はあるのか

◎シングルファザーとしての経験から「保育園」を語る


◎これからのブームは、リタイア組の「自分探し」
◎ガラッと変わる世の中はいびつ。半径1メートルの革命でいい


ダウンシフターズ(減速生活者)、消費社会、新自由主義、デモ、ネトウヨ、脱原発、専業主婦志望、ワークライフバランス、イクメンと保育園、少子化、水戦争、食欲と性欲、インターネットとソーシャルメディア、住民投票――

こんなにも豊かなのに、閉塞感がたちこめるこの現代を私たちはどう生きていくのか、生きるって何か楽しいのか、楽しむためには何が必要なのか。

様々なキーワードから、私たちの日常の中にある「抜け道」をふたりの論客が探る。


最近社会問題に興味を持ち始めた者です。

どんな問題があってどのようにアプローチしていくべきかを知るきっかけとしてとても良い本だと思いました。

なんとなくこの社会の未来が明るくないと思っているんだけど、どうすればよいのかわからない、というざっくりした不安を抱いていましたが、社会全体というマクロな視点ではなく個々の問題をミクロに見て、身近な問題から解決していくことが実は社会を変える一番の近道だという言葉に勇気をもらいました。










posted by ホーライ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | より賢く生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400945376

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。