2011年05月02日

自分の感受性くらい自分で磨け●茨木のり子詩集『おんなのことば』

ポケットに入る詩集なのに、その中身には人生が凝縮されている。

決して難しい言葉や表現を使ってないのに、何故か、新鮮な言葉。

決して世間に媚びず、前向きに人生を凝視している。

背筋を伸ばして凛としている言葉たち。


冒頭の「自分の感受性くらい」を読むと、頭をガーンと叩かれた感じになる。



『自分の感受性くらい』茨木のり子

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて


気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか


苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし


初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった


駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄


自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ





人間の醜さを認めながらも、人間を愛している詩人の茨木のり子。


無駄口ばかり叩いている僕だけど、この詩集を読む返すたびに自分が恥ずかしくなる。

本当のことを語るのに、そんなに多くの言葉はいらないんだよ、と教えてくれる。

どの詩を読んでも魂が洗われていく。



いい詩は「飛躍」がある。

いい詩は世界を「別の視点」で見せてくれる。


僕は惰性に流され生きているなと、気が付いたら、必ず、この詩集を開く。

この詩集『おんなのことば』は時には僕を叱ってくれ、時にはより多く、励ましてくれる。


全然、関係ないのだが、茨木のり子さんは僕と同じ薬学出身なので、それだけでも嬉しくなってしまう(もう、故人になられている)。



茨木のり子さんが詩の楽しみ方や感じ方を書いた『詩のこころを読む』(岩波ジュニア新書、1979年)は小中学生用に書かれたものだが、大人でも十分に考えさせてくれる本になっており、なるほど、詩はこういう味わい方をするのね、と教えくれる。

この『詩のこころを読む』と、今まで読んでいた詩も別の味わい方を感じさせてくれる。


砂漠の中のオアシスのような詩集『おんなのことば』は、「詩はちょっと・・・」と照れているあなたにもお勧めのできる詩集です。


【アマゾン】

おんなのことば (童話屋の詩文庫)
(アマゾン)





詩のこころを読む (岩波ジュニア新書)
(アマゾン)






【楽天】

おんなのことば(楽天)

【送料無料】おんなのことば

【送料無料】おんなのことば
価格:1,313円(税込、送料別)




【送料無料】詩のこころを読む第68刷改版(楽天)

【送料無料】詩のこころを読む第68刷改版

【送料無料】詩のこころを読む第68刷改版
価格:819円(税込、送料別)






■■■ おもしろい本、おすすめの小説、おすすめの本のランキング ■■■
       ↓
「おもしろい本、おすすめの小説、おすすめの本のランキング」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。


posted by ホーライ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集、俳句、短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

一緒に飛んでみないか?■おすすめの本・物語:僕の人生に影響を与えた本ベスト10(その9)(9)谷川俊太郎の詩集

(9)谷川俊太郎の詩集

谷川俊太郎を知ったのは絵本「ケンはへっちゃら」が最初だったと思う。
まぁ、その前に「鉄腕アトム」の作詞家としても、僕の耳に残っているのだが、谷川俊太郎という名前までは知らなかった。

強烈に印象に残ったのは中学生の頃の「国語」の教科書に載っていた「悲しみ」だ。

あれ? これで「詩」なの? という感じだった。

不思議に感じた僕は中学校の図書館に走り谷川俊太郎詩集を漁ってみた。

『二十億光年の孤独』だ。

乾いた文体、土臭くない文章、宇宙と人間、難しくない表現、なのに飛躍するイメージ。

すっかり、いちころで、僕は谷川俊太郎のファンになった。

その後、「チャーリー・ブラウン」や「スヌーピー」等でお馴染みの「ピーナッツ」の翻訳もやっていることを知り、「ピーナッツ」の本を買いまくった。

中学生だった当時、僕は神奈川に住む同じ年齢の女性(ゴリと本人は自分を称していた)と文通「ペンパル」(懐かしい響きだ)をやっていて、僕は自分を「スヌーピー」と呼んでいた。(いやはや・・・・・・。)


その後も「生きる」「夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった」「芝生」「朝のリレー」等、珠玉の言葉を煌めかせる谷川俊太郎を通して、僕は「詩」の世界にどっぷりと浸かった。

「茨木のり子」(自分の感受性くらい)等の詩人を知るきっかともなった。

僕の精神のよって立つ所は、谷川俊太郎の詩の中にある。

詩集を一冊、ポケットに入れて、旅にでる。

凛々として、清々とした気持ちになりたい人におすすめの本、おすすめの詩です。


二十億光年の孤独 (集英社文庫 た 18-9)




アマゾンの谷川俊太郎特集
  ↓
アマゾンの谷川俊太郎特集



【送料無料】二十億光年の孤独

【送料無料】二十億光年の孤独

【送料無料】二十億光年の孤独
価格:2,310円(税込、送料別)




楽天の谷川俊太郎特集
  ↓
楽天の谷川俊太郎特集



茨木のり子(脳天にガツン!来る詩集)
  ↓
自分の感受性くらい




【送料無料】自分の感受性くらい新装版


■■■ 続きはこちら ■■■
   ↓
「おもしろい本、おすすめ小説、人生を変える本、面白い小説、おすすめ本のランキング、お奨めの小説」の紹介サイト
タグ:谷川俊太郎
posted by ホーライ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集、俳句、短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

冬におすすめの本★そこにいますか―日常の短歌 (めくってびっくり短歌絵本)

最近、最も気に入った本が次のもの。

「そこにいますか―日常の短歌 (めくってびっくり短歌絵本)」

俳句や短歌というと「優雅」で「高尚」な趣味、と思われがちですが、この絵本を読むと短歌が「普通」の「日常」のちょっとした「メモ」、ということが分かります。

この本を読んだら、「じゃ、僕も(私も)」と短歌をメモってみようかなと思うことでしょう。

声に出して読んでみると、なおいっそう楽しい。


こういう本を企画した方に脱帽です。

贈り物にもピッタリの本。


そこにいますか―日常の短歌 (めくってびっくり短歌絵本)




そこにいますか―日常の短歌 (めくってびっくり短歌絵本)





おすすめビジネス本。仕事に役立つ本

おすすめ科学入門図書

治験関係者に役立つ本。おすすめの本

posted by ホーライ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集、俳句、短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

秋におすすめの詩集★詩なんか知らないけど


「詩なんか知らないけど」とイトイさんは書いた。

このイトイさんって、あの糸井重里さんだ。

その昔、沢田研二の「TOKIO」なども作詞しているし、「不思議、大好き」とか「おいしい生活」とか「欲しいものが、欲しい」などの名コピーを残している人の「詩」だ。


この詩集の特徴は詩のあとに簡単に糸井さんのコメントが載っていること。

もちろん「詩」のほうも、一気に離陸します(茨木のり子さんの言葉より。離陸する瞬間を持った詩は「いい詩」なのだ)。


詩なんか知らないけど

詩なんか知らないけど


詩なんか知らないけど―糸井重里詩集






posted by ホーライ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集、俳句、短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

遺書をやぶり捨て、この本を手にとってごらん

ここに小さな詩集がある。

その名も『ポケット詩集』。

本当にポケットに入る大きさの詩集だ。

しかし、見くびってはいけない。

この詩集の中に収められている詩は、それぞれの作者が身を削る思いで、丹念に磨いた言葉でできている。



たとえば、人生に疲れてしまったら、井上ひさしの『なのだソング』を読むといい。

たとえば、自分が堕落してきたと思ったら、茨木のり子の『自分の感性ぐらい』を読むといい。

たとえば、一人さびしい夜を過ごしているときは、谷川俊太郎の『朝のリレー』を読むといい。



この詩集の編者の田中和雄氏は言っている。

「少年よ、ポケットにナイフを忍ばせる代わりに、一冊の詩集を忍ばせて欲しい」と。

しかし、田中氏は言うべき相手を間違っている。

僕ならこう言う。

「大人よ、ポケットに自殺用の『遺書』を忍ばせる代わりに、この詩集を読んで欲しい」と。



詩人の茨木のり子さんはこう言っている。

・いい詩には、ひとの心を解き放ってくれる力があります。

・良い詩は瞬時に一人の人間の魂を、稲妻のように見せてくれます。



自分の心が、いつのまにか自分以外のモノに飼いならされてしまったと思ったら、この中の3冊のどれか1冊を買い、そして、その中のどのページでもいい、開いて、詩を読んでごらん。

きっと、新しい水平線が見えてくるはず。

きっと、未開の荒野が見えてくるはず。


さ、遺書をやぶり捨て、スーツを脱ぎ捨て、鞄を窓から放り投げ、詩を読もう。

自分が正しく自分らしく、自分のために生きる以上に大切なことなんて、この世の中にはない。



【ポケット詩集】

ポケット詩集




ポケット詩集(2)




ポケット詩集(3)





ポケット詩集




ポケット詩集〈2〉




ポケット詩集〈3〉







より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本
posted by ホーライ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集、俳句、短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。